今回の出産について(まとめ)

今回は予想以上にバタバタしていました。
以下順を追って説明↓

4月17日(土)
アンゴラのメイリンとソマリのシャオランを連れて動物病院へ。
目的は頭数の最終確認と状態の確認でしたが獣医さんの所見は
 1.メイリンは4月22日頃、シャオランは4月20日頃に出産すると思う。
 2.両方ともお腹の子が大きくて無事に出られるか微妙なところ。
 3.メイリンについては前回陣痛が来なかったので今回も帝王切開になるかも。
まあ、メイリンの予定日は19日晩、シャオランは20日晩だったのでそんなもんかな。
それよりお腹の子が大きいのは嬉しいけど心配。
…といった感じでした。

4月19日(月)
この日から仕事を早上がりして出産の兆候を待っていました。
何しろメイリンは自力出産未経験、シャオランは初産の時に、出てきた子猫にびっくりして処理がうまくできなかったという問題児だったので危険を感じたからです。
いつもは土日出産になるよう調整するんですが、
今回は予定が混んでいたので平日出産で組んでしまったことも心配していました。
で、待っていたのにこの日は産まれず。

4月20日(火)
産まれず…

4月21日(水)
産まれず…

4月22日(木)
産まれず…
メイリンは最初の予定日から2日半経ったのでそろそろヤバイと思い、2匹を連れて動物病院へ。
獣医さんによると、
メイリンはお腹の4匹のうち1匹が弱ってきている。今回も帝王切開を勧める。
シャオランはあと2日で(24日(土)までに)産まれなければ対策を考える。
とのこと。
メイリンには何とか自力で産んでほしかったけれど、帝王切開してもらいました。
弱っていた子は残念ながら助かりませんでした…
夜中に母子を連れて帰宅。
メイリンが術後で麻酔が抜けきらずフラフラしていたので子猫たちには人口哺乳しました。
昼夜問わず3時間おきの哺乳…またやるのかorz
これ一発で寝不足です。

4月23日(金)
朝、シャオランの様子から出産はきっと今日中と確信。
メイリンが子猫を受け付けないので人工哺乳継続(T_T)
夕方帰宅するとシャオランが1匹出産していましたがやっぱり産後処理が甘く、なんと瀕死状態でした( ̄□ ̄;)
きっちり回復しましたがシャオランはやっぱりびっくりしたらしくテンパってました(^^;
私が産箱から離れると不安らしく着いて来ます。そして「お腹を撫でさすれ」と主張。
誰ですかこんな甘ちゃんに育てたのは!(←お前だお前。)
仕方なく付き添って夜中に無事4匹出産完了しました。

4月24日(土)
朝、シャオランの子を確認すると、ちゃんと初乳は飲めている様子でした。一安心。
メイリンが未だに自分の子に向かってウーシャー言って拒否していたので(T_T)
メイリンの子のお世話をシャオランに手伝ってもらうことに。
…計7匹の子猫…シャオラン、押しつぶされないかと思いましたが
「全部私の子よ!!」と、子育てに燃えているようです。
しかも30日に出産予定の伽羅まで「私も世話したい!」と主張しています。
2匹とも、いつもメイリンの女王様っぷりに迷惑しているのになんてオトナなんだろう。。。

そんなこんなでこの一週間やたらと疲れました~
仕事が…溜まってるー…

メイリンの子
a0104249_0393873.jpg

シャオランの子
a0104249_0395672.jpg

[PR]

by elestial_eyes | 2010-04-25 00:31 | ★こねこ★